iwcの魅力と歴史

本物の機械式時計メーカー

こうした体制はマニュファクチュールと呼ばれますが、一時は名門のiwcですら外部からの仕入れに頼るしかない状況になっていたといわれております。
現在は少量ながら自社開発に積極性を見せて、以前のマニュファクチュール体制が部分的ではありますが復活しておりマニアを喜ばせているのです。
こうじた技術力は永久カレンダー・トゥールビヨン・ミニッツ・リピーター・ムーンフェイズ表示などの、高級機械式時計では欠かせない機能を実装しながらブランド独自のデザイン性を融合させることには大変有利に働きます。
技術開発はブランドの資産であり看板でもあり、新たな目標を築く上でも必要なことなのです。
反対に汎用的な外部ムーブメントを使用することで、価格を抑えてユーザーに手に取ってもらいやすいラインナップを展開することが可能になります。
部品交換やユニット交換も簡単に行えるために、メンテナンス費用も抑えられるというメリットがあるのです。
自社製ムーブメントを購入するか、外部ユニットが搭載されたモデルを購入するかは、一長一短のメリットがあり時計愛好家としても嬉しい悩みになります。
このようにiwcは挑戦を続けながら、信頼性の高いモデルを生み出す姿勢を大切にしている真摯なメーカーなのです。
派手な時計は数多くありますが、時代の移り変わりにも風化しない本物の機械式時計メーカーになります。

【勝手に緊急企画!】中古時計を買うなら知っておきたい「状態」
中古時計の状態。
傷ならまだしも機械はなかなか外見からわかりづらいですよね。
イケメンがみんな性格いいとは限らないように…
そこで各店舗は通販サイトや店頭での説明で「どんな機械状態か」を説明しています。
例えば(続 pic.twitter.com/3IC7RE6sWl

— 鶴岡 智恵子 / GINZA RASIN (@Tsuruoka_Rasin) November 20, 2020

1868年に創業された歴史あるメーカー通が好むブランド本物の機械式時計メーカー