iwcの魅力と歴史

通が好むブランド

1868年に創業された歴史あるメーカー通が好むブランド本物の機械式時計メーカー

日本では昔から人気があり、通が好むブランドだと言われております。
インターナショナルやインターと愛好家たちの中では略称されており、iwcがインターナショナル・ウォッチ・カンパニーということを知らない人が居るぐらいなのです。
スイスの企業でありながら社名が英語なのは、創業時にアメリカに向けた市場開発のために付けられた社名のためだと言われております。
創業者がアメリカ人であり、アメリカの伝統的な機械技術とスイスの技術者によるハンドクラフトが融合して、さらにドイツの風土が持つ質実剛健さがバックボーンにあることがiwcの魅力の一端になるのです。
このブランドの魅力はこうした生真面目さであり、それは部品の精度にも影響を与えていると言われております。
材質や仕上げにこだわって作ってあるために、非常に耐久性が高くメンテナンスを定期的に行うことで時間精度を保ちつつ、耐久性にも優れるのです。
これぞ正しく通が好む、実用品では最高の機械式時計を言われる由縁になります。
iwcの時計はシンプルな物でも50万円前後の価格からになりますし、ムーンフェイズやクロノグラフなどでは100万円から300万円程度の価格帯が主流になるのです。
外観は前述したようにシンプルですが、中のメカには定評がありキャリバーは銘品揃いであることが知られております。
数々の機構を自社開発しており特許を取ったことも一度では済まず、長らく外装もメカニカルも一貫して自社生産出来る技術力の高いブランドとして知られておりました。